ホワイピュアの画像1

シミは外部刺激が原因で発生しますが、肝斑は女性ホルモンが原因で発生します。

30代後半以降の女性に多い症状で、悩んでいる方も多くいます。

シミやシワに効果を発揮する医薬品であるホワイピュアは果たして肝斑も効果は発揮するのでしょうか?

肝斑の原因や対する効果、ほかの類似品との比較から販売店までホワイピュアを徹底検証してみます。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら

ホワイピュアは肝斑にも効果があるの?

目元を気にする女性の画像

ホワイピュアは豊富に含まれる美容成分によって内側から美しい肌に導いてくれる医薬品です。

そんなホワイピュアは肝斑にも効果を発揮するのでしょうか?

まず、肝斑は普通のシミとは違います。

頬に左右対称に現れるのが特徴で、シミのようにはっきりとした境目はなくボヤッとした輪郭なのが特徴です。

シミができてしまう原因は紫外線やストレスなどによってメラニン色素が過剰に分泌されることですが、肝斑は女性ホルモンが影響していると言われています。

そのため、女性ホルモンの分泌が減り始める30代後半から現れ始め、閉経後に自然に消えるものが多いです。

肝斑の治療には一般的にトラネキサム酸という成分が使われます。

ホワイピュアにはトラネキサム酸は配合されていないのですが、実は有効成分の1つであるL-システインも肝斑に効果を発揮するといわれています。

しかし、L-システインには黒色メラニンの色素を脱色する作用があるため肝斑を薄くする効果はあるのですが、L-システインだけでは肝斑を完全に消すのは難しいと言われています。

L-システインは紫外線によるメラニン色素の生成を抑えるはたらきはありますが、肝斑の原因となる女性ホルモンによるメラニン色素の生成には効果を発揮しません。

そのため、肝斑を悪化させないようにすることはできますが、完全に改善させることはむずかしいでしょう。

肝斑に対してはそこまで大きな効果に期待ができませんが、ホワイピュアにはシミに対するものだけではなく肌にハリを与えて透明感を与えるなど肌の若返り効果も高いです。

若々しい肌を保つために内側から栄養を補給してあげることはとても大切なので、肝斑に有効なトラネキサム酸と一緒に補給するとより高い効果を発揮するでしょう。

シミに対する効果は?

考える女性の画像

一度できてしまったシミを完全に改善するのって、むずかしいですよね。

どんな良い化粧品を使っても、どれだけ毎日のケアを頑張ってもなかなかシミが消えなくて悩んでいませんか?

外側からのケアだけでは満足する効果を得られなかった人におすすめなのが内側からシミをケアできるホワイピュアなんです。

ホワイピュアは今あるシミだけでなく、これからできるシミや隠れシミにも効果を発揮します。

それだけ高い効果を発揮するホワイピュアの、シミに対する効果の秘密を検証してみましょう!

シミ、そばかすの原因を抑制する

シミができてしまうのは黒色メラニンが原因となっています。

黒色メラニンは肌の細胞を外部の刺激から守るために分泌されるのですが、過剰に分泌されたり、ターンオーバーが乱れると肌に沈着してしまい、シミの原因となってしまいます。

ホワイピュアに配合されているL-システイン、ビタミンC、ビタミンEがメラニン色素の生成を抑えるだけでなくコラーゲンをつくりだし、維持することで皮膚の再生を促してくれ、ビタミンB6が肌のターンオーバーを正常化してくれます。

これらの働きによって、肌にメラニン色素が沈着することを防ぎ、シミの原因を除去します。

シミやそばかすの予備軍も排除

肌の生まれ変わりのリズムが整うと、肌に残ったままのメラニン色素が排出されやすくなります。

つまり、表には出ていないけど奥深くに沈着してしまっているメラニン色素を排出してくれるんですね。

これによって隠れシミやシミの予備軍を排除し、見えないシミを撃退してくれます。

顔以外のシミにも効果を発揮!

シミができるのって、顔だけではないですよね。

首や手、背中などにもシミは発生します。

顔のシミは化粧品でケアする人が多いですが、体のシミまでケアしている人って少ないもの。

でも手や首のシミは意外と人の目につきやすく、年齢を上げて見せてしまう原因です。

ホワイピュアなら内側からシミをケアしてくれるので、普段ケアしていない体のシミにも効果を発揮してくれます。

体全体の皮膚を若々しく生まれ変わらせてくれるのがホワイピュアです。

キミエホワイトとの違いは?

キミエホワイトの画像

ホワイピュアは内側からシミやそばかすの改善・予防ができる医薬品です。

同じように美肌効果のある医薬品は多くあるのですが、今回は同じような働きをもつキミエホワイトとの成分や効果の比較をしてみようと思います。

ホワイピュアとキミエホワイトはどちらもメラニン色素の生成を抑えて排出をサポートし、肌の生まれ変わりのリズムを整えるはたらきがあります。

この2つの商品の特徴や効果はどうちがうのでしょうか?

効果の違い

キミエホワイトにはパントテン酸カルシウムという成分が配合されていて、ニキビ・湿疹・かぶれといった肌トラブルに効果を発揮します。

ホワイピュアと比べると肌トラブルに対する効果が高いといえるでしょう。

ホワイピュアにはパントテン酸カルシウムは配合されていないですが、配合されているビタミンB2はニキビの治療にも使われる成分ですのでニキビに対する効果がないわけではありません。

ホワイピュアにはビタミンがとても豊富に含まれています。

ビタミンは肌にとって大切な働きをしますから、たっぷりとビタミンが配合されたホワイピュアは肌の健康を維持する働きが強いです。

ビタミンCの配合量

ホワイピュア、キミエホワイトどちらも美白効果のある医薬品ですが、美白効果の高い成分の代表といえばビタミンCですね。

ビタミンCの配合量を見てみると、ホワイピュアは1,000mg配合しているのに対し、キミエホワイトには500mgしか配合されていません。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑えるはたらきだけではなく、コラーゲンを作り出す働きが高いのでホワイピュアの方が肌の健康と美肌を維持する効果が高いです。

ホワイピュアとキミエホワイトの大きな違いは上記の2点となりました。

選び方のポイントは、肌の健康維持を重視したい人はホワイピュア、ニキビなどの肌トラブルや体の疲労回復を重視したい人はキミエホワイトを選ぶといいでしょう。


⇒ キミエホワイトの公式サイトはこちら

ホワイピュアは口コミが悪い!?怖い副作用の真実とは…

スマホを持って微笑む女性の画像

ホワイピュアは医薬品に分類されています。

医薬品というと副作用が怖いですよね。実際に投稿されている悪い口コミを見て、副作用の危険性について懸賞してみました。

下痢気味になってしまった(30代/女性)

副作用の危険があるという記載はありましたが、本当に副作用が出てしまったのか…。

下痢気味になってしまいました。

他のサプリも飲んでいるので、飲み合わせに問題があったのかもしれません。

ホワイピュアを飲むことで副作用が出たという口コミを探してみたのですが、上記1点しか発見できませんでした。

多くの人が口コミを投稿しているホワイピュアですが、それでもこれだけ副作用が起こったという口コミが少なかったということは、それだけ副作用のリスクが少ないということですよね。

ホワイピュアは第三類医薬品として販売されています。

第三類医薬品は重篤な副作用が起こる危険性が極めて低く安全性の高い薬として認定されている医薬品です。

しかし、人によっては副作用が出てしまう可能性があります。

これは医薬品に限ったことではなく、化粧品や食品にも同じリスクがありますよね。

反応してしまう成分は人それぞれですので、どうしても体に合わない人が存在することは仕方のないことです。

ホワイピュアが体に合わなかった場合、発疹・赤み、かゆみ、吐き気、嘔吐、胃部不快感、腹痛といった症状が出る場合があります。

これらの症状が出た場合は副作用の可能性があるため、速やかに使用を中止しましょう。

また、薬との飲み合わせにも注意が必要です。

副作用の口コミにも下痢が起こったことやほかのサプリと併用したことが書かれていましたが、ほかの薬やサプリメントを飲んでいる場合は気を付けましょう。

特に、持病があって薬を飲んでいる場合は必ず主治医に相談してから服用するようにしてください。

ホワイピュアは安全性の高い薬ではありますが、あくまで薬ですので用法と容量は必ず守りましょう。

過剰摂取は体に悪影響しか与えませんので絶対にやめてくださいね。

薬局で販売されてるの?

薬局店舗内の画像

ホワイピュアはお薬ですから、薬局でも取り扱いがありそうですよね。

薬局ならどこにでもあるし、自分の家の近くすぐに買えたら便利ですよね。

果たしてホワイピュアを買うことができる薬局はあるのでしょうか?

そこで、マツモトキヨシ・スギ薬局といった大手薬局での取り扱いを調べてみたのですが、残念ながらこういった大手の薬局では取り扱いがないようでした。

他にも薬局での購入情報なども調べてみたのですが、薬局で購入できたという口コミを発見することができなかっため、ホワイピュアは薬局での取り扱いはしていないようです。

薬なのに薬局に売っていないの?そう思う方もいるでしょう。

ホワイピュアは第三類医薬品に分類されます。

第一類医薬品や第二類医薬品は使用に注意が必要なお薬のため、薬剤師のいる薬局やドラッグストアでしか販売ができません。

しかし、第三類医薬品は薬剤師の指示がなくても購入できる薬となっているので薬局以外でも販売ができるんですね。

薬局など店舗で取り扱いを始めると、流通の料金や仲介手数料など商品に関する費用以外にもかかってきてしまいます。

そうなると、どうしても製品にかけるコストが上がってしまうため商品価格を上げなければいけなくなります。

ホワイピュアは高い品質を守りながらできるだけ商品の価格をおさえるため、こういった店舗での販売を行っていないそうです。

ホワイピュアは通販限定の販売となっています。薬局で購入出来ないのは残念ですが、安く買うためには仕方がないですね。

ホワイピュアを買える販売店はどこ?

デパート街の画像

ホワイピュアは薬局で買えないことが分かりました。

それでは、取り扱いのある販売店はどこなのでしょうか?

大手通販サイト

通販のみの購入であれば、楽天・amazonといった大手通販サイトで購入ができそうですよね。

こういった大手通販サイトは価格も安かったりするのでお得に買えるかも…?

と思ったのですが、残念ながらこれら大手通販サイトではホワイピュアの取り扱いはありませんでした。

大手通販サイトで販売する場合、販売店側に手数料がかかってしまうので、商品価格を抑えるために現在は大手通販サイトでの販売は予定していないようです。

順調に販売数が伸びればこれらの大手通販サイトでの取り扱いも始まるかもしれませんね。

公式サイト

ホワイピュアを購入出来るのは公式サイトからの通販のみとなっています。

でも、安心してください。

公式サイトからの購入はお得がいっぱいなんですよ♪

1.初回限定!50%オフ

ホワイピュアは定価¥5,800(税抜)の商品ですが、初回限定で¥2,900(税抜)で購入することができます。

もちろん送料・手数料も無料!

2.おまけがついてくる

定期購入に申し込みするとランキンランキンで1位を獲得した薬用美白クリームが無慮でプレゼントされます。

3.いつでも割引価格

2回目以降も15%オフの価格で購入が可能!

4.送料・手数料無料

通販サイトで買うデメリットというと送料や手数料がかかってしまうことですが、ホワイピュアは通常かかる送料¥650、代引き・後払い手数料¥324がずっと無料です。

5.回数縛りなし

定期コースは何回かの継続利用が条件となっていることが多いですが、ホワイピュアの定額コースには回数縛りがありません。

1回目の商品を試してみて、合わなかったらすぐに解約することもできちゃいます。

どうでしょうか?かなりお得に購入ができますよね!

お得なキャンペーンをやっている今がお試しのチャンスです!

ぜひホワイピュアの素晴らしい効果を実感してみてください。


⇒ ホワイピュアの公式サイトはこちら